血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ

今日からできる血流改善方法
  • 食事編
  • サプリ編
  • 漢方編
  • 運動編

HOME » 今日からできる血流改善方法【運動編】 » ウォーキング

ウォーキング

血流を良くする運動の1つ、ウォーキングの健康効果について詳しくまとめています。

血流を良くする運動・ウォーキングの効果とは?

血行をよくするウォーキングの方法ウォーキングとは「歩く」ことで、場所・時間帯・道具などを気にせず気軽にできる有酸素運動です。正しいウォーキング方法を身につけ継続することにより、健康の維持・増進・気分転換・ダイエット・ストレス解消などさまざまな効果を得ることができます。

ウォーキングで最も期待できる効果は「血流改善」。人の体は心臓から送りだされた新しい血液が酸素を全身へと運び、古い血液は静脈を通って心臓へと戻る仕組みになっています。

ウォーキングは心臓から最も遠い足の血液を送り返すことに役立っており、これによって血流が促進・改善されるのです。

血流改善だけでなく、蓄積した老廃物を体外へと排出する効果もアリ。血液中の老廃物が排出されると血液がキレイになり、血のめぐりもスムーズになります。

また、有酸素運動によって酸素が体の隅々まで送られるようになると、基礎代謝もアップ。冷えの予防・改善や、ダイエット方法としても高い効果を発揮します。

正しいウォーキングは脈拍・血圧の異常を引き起こすなどのリスクが少なく、運動不足の人でも簡単に始めることができます。

医療機関などでも、糖尿病・高血圧・脂肪肝などの予防と改善の方法としてウォーキングを推奨しているほどです。

血流改善効果をアップさせるウォーキング方法

ウォーキングで血流改善効果をアップさせるには、姿勢・歩き方・足の動かし方の3点がポイントとなります。正しい方法を身につければ、全身の筋肉を効率よく使って効果を高めることができます。

姿勢
ウォーキングをするときの姿勢は、背すじを伸ばして軽く胸を張るのが基本。下をうつむかず、顎を引いてまっすぐ前方を見て歩きましょう。

歩き方
肩の力を抜き、リラックスして歩くことが大事。腕は軽く曲げて前後に振り、一定のリズムでテンポよくグイグイと前へ歩きましょう。やや早歩きくらいのスピードが◎。

足の動かし方
つま先で地面を蹴り、かかとから着地するイメージで歩きます。後ろの足の膝は、最後に伸ばすようにしましょう。

    今日からできる血流改善方法  
ページの先頭へ

血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ