血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ

今日からできる血流改善方法
  • 食事編
  • サプリ編
  • 漢方編
  • 運動編

HOME » 今日からできる血流改善方法【食事編】 » おすすめの食べ物・飲み物

おすすめの食べ物・飲み物

血行を良くする食べ物・飲み物とその成分、上手な摂取方法について調査。血行を良くして血液サラサラにすることは、冷え性改善にも効果アリ。ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

冷え性改善にも効く!血行を良くする食べ物リスト

血流改善に効く食べ物・飲み物一覧血流改善のためには、毎日摂取する食べ物・飲み物にも気を配る必要があります。

万病のもとであるドロドロ血液をサラサラにする効果があるとされる食べ物・飲み物は以下の通り。これらを積極的に取り入れることで、健康的な血流をキープしましょう。

タマネギ

タマネギに含まれる硫化アリルは血栓溶解作用を持ち、血流改善に高い効果を持つ成分。さらに、血糖値の上昇抑制・血中コレステロールや中性脂肪の減少・血栓予防・血圧降下などの効果もあり、生活習慣病の予防に有効です。加熱調理するよりも、生食で摂取した方が成分を有効摂取できます。

魚介類

魚介類の油に含まれるアラキドン酸・DHA・EPAは、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして血流を改善してくれる成分。サバ・アジなどの青魚のほか、サザエ・ホタテ・タコなどにも多く含まれています。とくに、DHA・EPAは即効性があるのが特徴。かなりドロドロになった血液も、一週間ほど青魚を摂取すれば血液がサラサラになるという研究報告もあります。

納豆

納豆に含まれる酵素・ナットウキナーゼの働きのひとつが血栓溶解です。血管を詰まらせる血栓を溶かしてくれるため、脳梗塞・心筋梗塞などの予防に効果アリ。また、血圧を下げて血管壁の柔軟性を高め、動脈硬化も予防してくれる優秀な成分です。1日に納豆1パックで、必要量を十分摂取できます。

黒酢

黒酢とは、玄米を発酵・熟成してつくられた食品。必須アミノ酸・ビタミン類・ミネラル・クエン酸などが豊富に含まれており、酢の中でも血流改善効果はピカイチ。赤血球の変形能(血管に合わせて大きさを変える能力)を高め、血流を改善してくれるのです。黒酢は一度に大量摂取をせず、体調を見つつ少量から飲み始めるとよいでしょう。

海藻類

ワカメ・昆布・ひじき・メカブといった海藻類には、ヌメリ成分であるフコイダンが含まれています。これは水溶性の食物繊維で、腸管内の余剰コレステロールを排出する効果を持っています。ドロドロ血液のもとであるコレステロールが排出されることで、血流が改善されるというワケです。

生姜(ショウガ)

生姜にはショウガオールとジンゲロールという2つの血流改善成分が含まれています。ショウガオールは腹部を中心に全身の血流を改善、ジンゲロールには末梢血管を拡張する働きがあります。生姜の有効成分は皮の部分に多いので、調理をするときは皮も使うようにしましょう。

ニンニク

ニンニクには、香気成分であるアリシンが含まれています。アリシンに熱が加わるとスコルジニンと呼ばれる成分に変化し、より血流改善効果が高まるとされています。そのため、ニンニクは生で摂取するよりホイル焼きなどの加熱調理がおすすめです。

イチョウ葉

イチョウ葉には30種類以上のフラボノイドが含まれており、とくに血流改善に効果があるのは「二重フラボン」と呼ばれる特殊成分。イチョウ葉にはこの二重フラボンが6種類も含まれているため、その血流改善効果は他のフラボノイドの約3倍と言われています。お茶として飲む方法もありますが、サプリメントでの摂取が一般的です。

お茶

緑茶・番茶・玄米茶・抹茶などに含まれているカテキンは、血中コレステロールや血糖値を下げる効果を持つポリフェノールの一種。末梢血管の血流を改善し、血めぐりを良くする作用が認められています。70℃以上のお湯でお茶を入れるとカテキンが多く溶けだし、その量は1杯目より2杯目の方が多いとされています。

    今日からできる血流改善方法  
ページの先頭へ

血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ