血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ

今日からできる血流改善方法
  • 食事編
  • サプリ編
  • 漢方編
  • 運動編

HOME » 血流が悪いことで起こる様々な症状 » 冷え・むくみ

冷え・むくみ

冷え性やむくみが起こるメカニズムについて紹介。対策として血行促進が効果的であることを説明します。

冷え性は血行促進で改善効果を実感

冷え性は血行促進で改善効果を実感「私、たぶん冷え性かも…」「顔のむくみがひどいな…」など自覚症状はあっても、深刻に考えずに放ったままの人も多いかもしれません。

でも、冷えたままのカラダは肩こりや頭痛・生理不順などの一因になることも。
さらに冷え性の人はむくみも起こりやすく、むくみはセルライトの生成を促進させてしまう恐れが!

そんなことになる前に、冷え・むくみのサインに気づいたら日頃からケアを行うことが大切です。

冷え症の原因とは?

冷え性になってしまう原因は様々ありますが、血行の状態に大きく関わりがあります。

血液がドロドロだと、栄養分の運搬や老廃物の排出がスムーズにいかなくなります。
その結果、手や足など細い血管の流れも滞り冷たく感じられます。
貧血や低血圧などでも、血流が悪くなる場合があり冷えにつながります。

また、女性ならではの原因として、ホルモンバランスも見逃せません。
生理、妊娠、出産、更年期など、女性ホルモンのバランスが変化する時、体温調節機能を持つ自律神経が乱れ冷えを感じやすくなります。

急激なダイエットなどでも、これと同じ現象に陥るかもしれません。

むくみが出現するメカニズム

冷えと同じように、女性なら誰しも悩まされたことがありそうな「むくみ」。

どうしてむくんでしまうのか?その原因をひもとくと、大きく分けて2つあります。
1つは心臓や腎臓病、妊娠中毒症、貧血など病気が原因となっているもの。
そしてもう1つが塩分の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎ、運動不足、睡眠不足など、一時的な原因からきているものです。

むくみは浮腫(ふしゅ)とも呼ばれますが、専門的に解説すると「血管の外(リンパ管など)に、血しょう成分(余分な水分)がたまった状態」を指すのだそう。つまり、むくみにも血行が関係大アリなのです。

冷え・むくみとも、血行は共通のキーワード。
血行促進に効果のある方法を見つけることが、健康的でスリムな体づくりのポイントになりそうですね。

ページの先頭へ

血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ