血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ

今日からできる血流改善方法
  • 食事編
  • サプリ編
  • 漢方編
  • 運動編

HOME » 血流が悪いことで起こる様々な症状 » 高血圧

高血圧

血圧のコントロールには、血行・血流を良くすることが役立ちます。高血圧とはどんな状態か、その診断基準を解説しつつ動脈硬化との関係性もまとめました。

血圧高めの人は血行を良くすることを心がける

血圧高めの人は血行を良くすることを心がける血圧を気にされている中高年の方は多いと思います。
そもそも、血圧ってどういうものか、説明できますか?実は私、よく分からずにいたので、ちょっと調べてみました。

血圧とは、心臓から全身に送り出された血液が動脈の内側にある壁を押す圧力のこと。血圧を測るときに使う「最高血圧」は、心臓が収縮して動脈の血圧が最高になった時。「最低血圧」は心臓が拡張して圧力が最低に達した時の値を差します。

そして、いわゆる高血圧とは、最高血圧が140mmHg以上、もしくは最低血圧が90mmHg以上の状態が続いている状態のこと。

それぞれの血圧値を俗に「上」「下」といった呼び方で表現することも多いですが、下の血圧値が高い場合でも高血圧と呼ぶんですね。

高血圧と動脈硬化の関係

高血圧の人が注意しなければならないのが、動脈硬化を起こしやすい状態だということです。

血管に強い圧力がかかり続ければ、血管がだんだん厚くなり硬くなってしまいます。
こうして動脈硬化の状態になると、血管内は狭くて弾力性に欠けているので、血液を送るのにもっと圧力が必要となりまたまた高血圧に。

動脈硬化からは、心筋梗塞や脳梗塞など深刻な病気に至る可能性もあります。
そこで、血圧を正常な値にコントロールすることは、とても重要な事なのです。

血行を良くして高血圧を予防

血行を良くする(=血流を健康状態にする)ことは、高血圧の改善につながると言われています。血管壁から血栓ができるのを予防する物質が分泌されるからです。

その結果、動脈硬化も予防でき、血圧もうまくコントロールできます。

「高血圧」という言葉の漢字だけを見て、血流が高い(いい)状態と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。でも実際は、血流の悪さが高血圧につながるのです

ページの先頭へ

血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ