血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ

今日からできる血流改善方法
  • 食事編
  • サプリ編
  • 漢方編
  • 運動編

HOME » 血流が悪いことで起こる様々な症状 » 動脈硬化

動脈硬化

ここでは、動脈硬化を予防したい方に向けて、ドロドロ血流と動脈硬化の関係や、症状・予防方法などを解説しています。

動脈硬化の予防は血流を良くすることから

血流を良くする方法を探している人は、ドロドロ血液を気にしているようです。ですが、それって具体的にどんな状態を指すのでしょうか?

それは、血液の中にコレステロールや中性脂肪などの脂肪が異常に多くなってしまっている状態です。

コレステロールには「善玉(HDL)コレステロール」と「悪玉(LDL)コレステロール」の2種類があります。悪玉が多すぎると、血管の内側に沈着して、動脈硬化の一因となってしまいます。

血液がドロドロになってしまう原因は様々ありますが、脂肪分の多い食事ばかり摂っていることをはじめ高血糖、基礎代謝の低下、活性酸素の影響などが挙げられます。

動脈硬化を予防するなら

血液がドロドロの状態から動脈硬化になってしまうケースも少なくありません。

動脈硬化の恐ろしい点といえば、自覚症状がないこと。しかも、これを放っておくと心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気へと発展してしまうことも。定期的な健康診断などで、自分の血液の状態を知っておくことが大切です。

また、動脈硬化には突然なるわけでなく、年齢とともに進行していくものだそう。

40代ぐらいから症状として現れることが多いですが、実際は10代前半から序々に始まっているんですって(驚)

「私が血液ドロドロなんて、そんなはずない」と過信しないで、常日頃から生活習慣を見直しておくことが、動脈硬化の予防には大切かもしれません。

食生活では、脂肪分を摂りすぎずコレステロールの低下などに役立つ豆類や食物繊維もしっかり摂取しましょう。DHAやEPAなどを含む、青魚を食べる事も効果的だと言われています。

また、適度な運動を継続的に行うことが善玉コレステロールを増やすことにつながります。ウォーキングなどの有酸素運動が理想的です。

ページの先頭へ

血めぐりUPで健康に!血流改善のすすめ